ドライブレコーダーなら情通

運輸業向けドライブレコーダー

運輸業総合管理システム DiSynapse デシナプス > ドライブレコーダー

作業別に商品を探す

物流情報機器

ドライブレコーダーとは

 車両に設置したカメラにより車両周辺の状況を撮影し、映像を記録するものです。
 事故発生時などに記録した情報を解析することで、事故原因の早期把握をサポートします。記録情報の解析による自己の運転状況の把握や、「記録されている」ことによる安全運転意識の向上などにより、交通事故を減らす有効な手段の1つとして、国土交通省・警察庁なども普及を目指しています。
 さらに、急加減速が減少することで燃費向上も期待でき、近年タクシーやトラックなどの商用車に加え、一般車への普及も飛躍的に進んでいます。
自動車運送事業者におけるドライブレコーダーの必要性
 運輸安全マネジメントにおいて、全ての自動車運送事業者が義務とされている「指導・監督指針」の内容に「事故、災害等に関する報告、ヒヤリ・ハット体験、事故防止に関する効果的な事例その他の指導監督に資する情報の適切な伝達」があります。
 この内容が実施されていない場合は、「行政処分」や「安全確保命令」を受けます。
 そのため、ドライブレコーダーで記録されるヒヤリ・ハット情報を元に、ヒヤリ・ハット報告会などの研修を開催して安全教育を行う事業者が増えてきています。
OBVIOUSレコーダー G300シリーズの特徴
富士通テン
記録方式に従来のイベント記録に加え、常時記録機能を搭載
衝撃を検知して記録する「イベント記録」と「常時記録」の2つの記録機能を搭載。衝撃で検知しない軽微な衝突などでも記録のとりこぼしを防止。また、常時車内の状況を記録することも可能です。
リアルタイムエコガイダンス<高機能タイプオプション>
急ハンドルや急加速時などに音声ガイダンスで警告(「急加速です!」など)するとともに、操作表示器(別売)に「優」「良」などのエコ運転レベルを表示。ひと目で運転状況がわかり、運転手のエコ・安全運転を支援します。
電源オフタイマー機能で一定時間記録を継続
エンジンを止めた後も、一定時間は車載機の電源を保持することで、継続して画像・音声を記録。駐車場で車を離れた際の事故なども記録でき、不安を軽減します。
記録方式に従来のイベント記録に加え、常時記録機能を搭載
衝撃を検知して記録する「イベント記録」と「常時記録」の2つの記録機能を搭載。衝撃で検知しない軽微な衝突などでも記録のとりこぼしを防止。また、常時車内の状況を記録することも可能です。
運行支援機能<高機能タイプ-IIオプション>
事務所で作成した運行計画をSDカード(別売)に登録。操作表示器(別売)を使用して目的地を表示したり、到着・出発などの動態をSDカードへ書き込むことで、データをもとに自動で日報作成が可能。更に簡易ナビ機能を搭載し、運転手の運行を支援します。
ビューアーソフトの設定
インストール不要のビューアーソフトを設定し、導入時の手間を軽減。
音声記録を全機種に標準装備
G300シリーズでは全モデル音声記録を標準装備。画像と音声でより詳細な解析が可能です。
広画角カメラ採用で水平135°の広範囲な画像が撮影可能
業界最大級・水平135°、垂直105°の撮影角度を確保。車外の状況がより克明に記録できます。
カメラの複数台接続・同時撮影可能<高機能タイプ>
G300シリーズでは、同時撮影できるカメラの台数が従来モデルの2台から3台に。 より多くの情報を捉え分析ですることで、さらなる安全運転につなげることができます。 また、車内にカメラを設置することで、運転手の安心にもつながります。(2台目以降は別売)
WITNESSⅢの特徴
WITNESSⅢ
長時間・常時録画
長時間の常時録画によって、必要なシーンをしっかり記録。
(任意記録のGトリガーを併用)
GPS機能付
地図上に走行軌跡・各種データを表示。時刻と車速を自動校正。
音声ガイダンス
急加速・急ハンドルなどを音声ガイダンスが警告、安全運転をサポート。
録画の開始・終了時もアナウンスでお知らせ。
バックアップ電源搭載
急な電源遮断時やACC-OFF時も、書き込み中の映像を本体内部メモリに保存。
セキュリティ機能
USBキーとパスワードによって記録データを保護。
2カメラ対応(オプション)
オプションにてサブカメラの増設が可能。2台分の映像を同時に記録できます。
各種外部入力情報
◆ウインカー ◆ブレーキ ◆日時 等
安全運転レポート
運行管理レポートが印刷でき、運行状況の把握可能。