IT点呼システム、デジタルタコグラフ(デジタコ)、運行管理システムなら株式会社情通

運輸業総合管理システム DiSynapse デシナプス > DiSynapse デシナプス 導入事例 > 株式会社 大一物流様

お客様事例

作業別に商品を探す

物流情報機器

株式会社大一物流様導入事例
株式会社大一物流 堀内様
デシナプスの「運輸基幹業務」を導入。
そのきっかけ、効果を常務の堀内様に伺いました。
株式会社大一物流様の課題
  • ・労務管理に時間がかかる
  • ・ドライバーが外でどんな運転をしているのか分からない
  • ・ドライバーの運転の質の向上
株式会社大一物流様の導入された商品
株式会社大一物流様の効果
  • ・労務管理への時間が短縮、他の仕事までできるようになった
  • ・データや画像を使って指導することにより、燃費の向上、事故率低下ができた
株式会社大一物流様の導入前の課題
-なぜシステムを導入されたのですか?
 運送会社の労働時間や、休憩時間とかをチェックするのに、マルタコ(チャート紙)を使ってやっていたのですが、これにとても手間がかかっていました。マルタコだと、スピードオーバーなどをよく見ないと分からないんですよね。こういうのが、一日に何人も帰ってきて、何本も出されるとたまんないですよ。そのうちに電話もかかってきたりするので、どこまでチェックしたのか忘れてしまったりとか。このチェックだけに人を1人雇いたいと思うほどでした。
 また、ドライバーが外でどんな運転をしているのかを知りたかったということもあります。
株式会社大一物流様の採用した理由
-システムを導入されてどういう効果がありましたか?
 何時間働きました、何時間休みましたというのが、数字で簡単に出てきます。安くはないシステムですが、人件費はペイできていますね。また管理の手間が減ったので、管理者には他の仕事をしてもらえるようになりました。
 その他にも、燃費や急ブレーキ、急加速などを検知して出てきますので、燃費が悪いや、運転が下手だというのが指導しやすくなったという効果がありました。
株式会社大一物流様の事務所写真
株式会社大一物流様の導入後の効果
-ドライブレコーダーについてはいかがですか?
 急ブレーキや急発進などをすると、ドライブレコーダーが記録してくれるようになっていますので、これが安全運転に貢献してくれています。
 急ブレーキが多いということは用は運転が下手ということなんですよ。ですので、ドライバーに「あなたは普段こういう運転をしているんですよ」と言うようにしています。毎回言われると、だんだんやらなくなります。
また、この記録を活用して、月に1回社内で研修をしているのですが、例えば事故を起こした時には、「どうして事故を起こしたのか」ということを画像で見せ議論してもらいます。これはドライバーにとって恥になりますので、自然とそういう運転をしなくなります。ドライブレコーダーはほんと気に入っていますよ。
 最初はひどい運転が多かったですが、今は誰もしていません。事故率も減ったと思います。
株式会社大一物流 堀内様の写真
-配車システムから請求へそのままつながる仕組みを取り入れているとお聞きしましたが、いかかですか?
 導入するまではバラバラだったのですが、いちいち請求書を作るよりも、配車係が配車してそのままパソコン上で操作し、請求書が作成できるほうが早いと思ったので、情通さまにお願い、連携させてもらいました。請求書を作る手間が省けました。
株式会社大一物流様の今後の期待
-今後良くしていきたいという部分はありますか?
 そうですね。配車システムが給料にも連携できればもっと楽になるかなと思っています。
株式会社大一物流様の車両写真

-ありがとうございました。
株式会社大一物流様のプロフィール
社名 株式会社 大一物流
本社 宮城県登米市迫町北方字舟橋前30
設立 昭和50年11月5日
資本金 1,000万円
URL http://daiichi-butsuryu.com/
株式会社大一物流様の会社写真
株式会社大一物流様の事業内容
[輸送業]
  • 東北より関東、中部、関西へ、冷凍食品、野菜、自動車部品、精密機械、雑貨等の輸送を行っております。
[倉庫業]
  • 敷地面積1675㎡の倉庫を保有し、ご依頼いただいた商品の保管から配送までの一貫した業務を行っております。

お客様が導入された商品はこちら

運輸基幹業務システム